青春小僧が泣いてたら普通に心配

ハロプロと川崎フロンターレが好きなヲタク

チャットモンチー完結から1ヶ月経った時のにわかの話

 

7月4日の武道館で行われた「CHATMONCHY LAST ONEMAN LIVE ~I Love CHATMONCHY~」 、こなそんフェスは徳島で開催するため、行けなかった。そのため僕のチャットモンチーは武道館で完結した。いや、完結はしていない。僕はまた大学に行く時もバイトに行く時も、旅行中でもチャットモンチーを聴いている。シャングリラを、風吹けば恋を、サラバ青春を、終わりなきBGMを。

 


実は僕がチャットモンチーを知ったのはつい最近のことである。厳密に言うとチャットモンチーというバンド名は知っていた、友達と話したり、家族と話したりした時に「チャットモンチー」というワードが出ていたことはあった。それでもその時は「へーそんなバンドがあるんだ、てかモンチーってなんだよ」くらいのことしか考えていなかった。

 

 

 

しかし、チャットモンチーが最後のMステ出演となった6月1日。その日はバイトに行っていたため、リアルタイムでMステを見ることは出来なかったが、Twitterに上がっていたシャングリラの映像をたまたま見た。は!?聞いたことある曲だ!あの時いいと思った曲だ!どういうことだ!これがチャットモンチーなのか!!となる。

 


以前、ニコニコ動画で見た「うどんの生地を忍ばせたダンレボを友人にさせてコシ出させる」という動画でシャングリラが使われていた。その時に「あーこれ好きな曲だ」となった。しかし、その時はそれ以上チャットモンチーに深入りすることはなかった……何やっとんあの時のおれ!!!

 

 

 

月日は流れMステの映像を見た6月1日。初めてチャットモンチーに深入りした。世界が終わる夜にを、真夜中遊園地を、余談を、染まるよを、何もかもが自分にとって驚きの連続だった。

今にも倒れてしまいそうな儚げな少女が歌っている姿は“強さ”を感じ、力強くベースとドラムを弾くその姿は“儚さ”を感じた。3人の女の子が演奏している姿に感動した僕は翌日駅前のTSUTAYAへ足を運んだ。1000円で5枚のアルバムを借りた。

チャットモンチーBEST~2005-2011~」、「耳鳴り」、「生命力」、「告白」、「変身」の5枚。そこから7月4日の武道館の日まで延々と聞き続けた。本当に延々と聞き続けた。

 

 

 

 


既に武道館のチケットは完売していた。なので、渋谷の映画館で行われたライブビューイングのチケットを確保した。その時渋谷ではチャットモンチーの完結展が行われていたため、それ寄ってから行こうかなと思ったが、アホみたいに混んでたため、断念。完結展には、武道館の翌日に行った。

 


ライブビューイングはとても楽しかった。月並みな言葉しか言えないが超楽しかった。アンコール明けのシャングリラ、風吹けば恋、サラバ青春の3連は死ぬほど盛り上がって、死ぬほど泣いた。まだ好きになって1ヶ月しか経っていない奴がこんだけ泣いてるんだから、そりゃみんな泣くわ…

 


翌日完結展に行き、僕の中でひとつの区切りがついた。この1ヶ月は本当にチャットモンチーしか聞いてなかったし、暇さえあればYouTubeを眺めていた。

チャットモンチーに生かされていた。

 


ひとつの区切りがついたと言ったが、冒頭で書いた通り、まだまだチャットモンチーを聴いている。完結展に行った三日後にはまだiPhoneに入れていないアルバムをTSUTAYAに借りに行ったくらいだ。

 

 

 

これまた月並みな言葉ではあるが、僕の中で一生チャットモンチーは完結しないのかもしれない。僕がチャットモンチーを聴き続ける限り、チャットモンチーを覚えてる限り、チャットモンチーは終わらないのだろう。恐らくまだ僕が知らない曲だってあるしね。。

【2018年】川崎フロンターレメモ

 

 

 

 

ユニ買えませんでしたぁぁぁあ!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

転売には手を出さないようにしましょうね(´・ω・`)

 

 

 

 

 

 

 

新体制発表会の話も140文字に収まるレベルで少しだけ

 

例年通りニコ生で見ていました(いつか行きたい…)。

学登場で絶叫後、嘉人登場で爆笑して、おしゃべり好きの新加入の選手も見つかり、楽しい新体制発表会でしたね。

 

 

既存の選手の背番号の変更がないためか、新加入選手紹介の時に背番号の発表がありましたね。嘉人4番の噂は本当だった…

 

 

個人的には知念9番説推してたよ…

 

 

他のクラブはこんな新体制発表会やるのだろうか…

 

 

 

 

 

f:id:miameeyes:20180121214715j:image

 

 

なえとる!

 

@

 

【2018年】川崎フロンターレメモ

 

このブログを書き始めたのは2018年の1月13日。
そう、齋藤学川崎フロンターレへの完全移籍が発表された翌日である。

 

 

っていうのを書いてみたかったから書いたけど結局当日にあげちゃうやつやりますね。

 

 

 

 

 


このブログは主に今年1年の川崎フロンターレ、そしてたまにサッカーの話題も備忘録として残しておくために開設しました。

 

今回は2018年のオフの感想をたらたらと書き留める。

 

 

 


今オフの一番の話題といえば齋藤学獲得だろう。
横浜FMより完全移籍での獲得となった。
http://www.frontale.co.jp/info/2018/0112_1.html
生え抜きのエース、そして昨季はキャプテンを務め、10番を背負った齋藤学が隣町のライバルチームに0円移籍ということで、Twitterや掲示板は荒れに荒れた。


この話題についての私の見解というか感想を述べるとするならば、まず、齋藤学が来たことは素直に嬉しい。去年もオファーしていたということで2年越しのラブコールが通じたのだからね。ただマリサポの立場からすると腸が煮えくり返る事件だろう。昨季はシーズン途中での怪我により8ヶ月の戦線離脱となった。今年の開幕にすら間に合わない大怪我が治るのをサポーターは待っていたはずだ。
仮に小林悠大島僚太がライバルチームへ移籍となったら私は発狂してしまうだろうね。

 

 


そして、忘れてはいけないのが大久保嘉人の復帰である。2013年にフロンターレへ加入後3年連続得点王を獲得し、2016年にも15ゴールをあげたストライカーは2017年のシーズンを川向こうのライバルチーム、FC東京で過ごした。

そして2018年、川崎フロンターレへ帰ってきた。
この移籍にも賛否両論があった。

しかし、そんな“否”に対する答えは結果で見せてくれると期待している。

 

その他にも
鹿島アントラーズからガンバ大阪期限付き移籍中であった赤崎秀平を完全移籍で獲得。
http://www.frontale.co.jp/info/2017/1228_5.html

湘南ベルマーレから下田北斗を完全移籍で獲得。
http://www.frontale.co.jp/info/2017/1230_1.html

モンテディオ山形から鈴木雄斗を完全移籍で獲得。
http://www.frontale.co.jp/info/2018/0107_2.html

期限付き移籍だったポープ・ウィリアムを完全移籍とし、大卒の脇坂泰斗と守田英正を獲得した。
そして、ネット、エドゥと比べ、発表が遅れ、心配されたエウシーニョもしっかりと契約更新してくれた。
http://www.frontale.co.jp/info/2018/0110_2.html

 

 

 

 


本当は新体制発表会まで待って、それも加えてあげようかと思ったけど書き始めたら意外と疲れたので取り敢えずこれであげておきます。短いね、プロって凄いね(´・ω・`)

 

 

Twitter: @miyarei_1428

 

 

 

佐藤優樹さんの復帰を本気で願ってるんだよ!

 

こんにちは。

 

このブログではモーニング娘。'17の佐藤優樹さんについて、短いですがお話させていただかせております。

人によっては不快感を覚えてしまうかもしれません。

ただ佐藤優樹さんを応援していて、推していて、素直な気持ちを書いたつもりです。

よろしければ最後まで読んでみてください。

※少し前に書いた下書きに多少加筆したものになります。

文章力が足りないのは気にしないでね(´・・`

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は2014年の秋頃たまたまYouTubeで見たハロモニ劇場NG集をきっかけに、モーニング娘。の時代を追っていき、現在モーニング娘。'17を応援しています。

 

そして…

 

佐藤優樹さんを推しています

 

 

 

 

ハロヲタ以外のヲタ界隈事情を存じ上げてないのでなんとも言えないが、ハロヲタである僕は“推し”という言葉は最上級の愛の表現であり、賞賛の表現であり、全てを超越したアイドルに心臓を捧げたいと思う時に使う表現だと思っている。

 

 

そう、僕はモーニング娘。'17所属の佐藤優樹(以下まーちゃん)に心臓を捧げる。いや、捧げなくてはいけない!!

 

 

 

 

まーちゃんの幸せを心から願っているし、悲しむ顔は見たくない、好きなことを思いっきりやって欲しい。

 

 

しかし、神様はまーちゃんに試練を与える。

「腰椎椎間板ヘルニア」日常生活には問題ないものの、先に情報公開されたモーニング娘。'17の最新シングルのMVの撮影(リップシーン含む)、トレカの撮影、レコーディング全て参加していないことが公式で発表された。

 

とにかく安静にして欲しいのは勿論だが、寂しいというのが本音かもしれません……

 

そして冬のハロコンの映像がハロステに上がりはじめ、そこにはモーニング娘。の始まりの曲である「愛の種」や、「ムキダシで向き合って」などの最新のライブ映像があった。

 

しかし、そこにはまーちゃんの姿はなかった。

 

 

休業が理由で推しがいないライブ映像というものは中々心にきた。

 

 

 

過去にDVDmagazineに収録されたわんこそば大会でまーちゃんが病欠したことがあった。

僕はまーちゃんだけが好きなわけではない、モーニング娘。というグループが好きだし、メンバーそれぞれみんな好きだ。だからその映像は素直に楽しむ事が出来た。

 

 

しかし、ライブ映像となると少し勝手が違った。元々青空期や、プラチナ期等のライブ映像を見てのめり込んだ世界。そこに推しがいなければどこを観たらいいのかわからない。そんな気持ちになったことは否定出来ません。

 

 

 

だからこそ復帰した時には某α星の姫のように本当に心が溢れ出す気がします。 

 

 

 

今はちょっと前の映像を見て、ふと佐藤優樹さん好きなんだよなぁと感じる毎日が続いてます。

 

 

 

 

北海道公演のことも書きたかったですが、行くことが出来なかった身です。この件に関しては言及することは難しいですが、一つだけ言うならば、モーニング娘。'16ありがとう。モーニング娘。'17ありがとう。そしてヲタクありがとう。

 

 

 

 なんかまとまってないですが、これで終わりです。

 

 

 

僕はこれからも佐藤優樹さんを応援、推していきたいと思います。